只今、無料相談会を実施中 ご予約はこちら

耐震性能が2倍

耐震性能が2倍

いつか来る大地震に備え、家の備えは万全ですか?
南海トラフ地震が30年以内に発生する確率は70%といわれています。

リノベ専科の耐震リノベなら現代の耐震基準以上の耐震性能を実現!

1. 耐震診断&耐震補強プランをご提案

講習を受けた住宅メンテナンス診断士が、耐震診調査を実施します。その調査結果を元に、現行の建築基準法が定める耐震基準レベル以上の耐震性能になるように、最適な耐震改修の方法をご提案いたします。

耐震診断、耐震補強プラン

2. 高い耐震性で安心

構造用合板や筋交いなどの補強方法に比べて、耐力が高い「かべつよし」シリーズを採用しています。その強度は筋交いの3.6倍で業界最高クラスを誇ります。国土交通大臣認定、日本建築防災境界の技術評価を取得しているので、自治体の補助金申請にもご利用いただけます。

耐震ボードかべつよし、技術評価書
地震に強い壁の耐震ボード「かべつよし」と、技術評価書

3. 天井・床を壊さずに耐震補強が可能

リノベ専科の耐震改修工事は、面材や金物を改良し、豊富なバリエーションをご用意していますので、一般的な壁補強に必要な天井・床の解体・復旧工事が不要なので、工期の短縮とコスト削減を実現できます。内装工事は最小限にコストや工期を抑えたい方におススメです。

耐震ボードを使って耐震補強
内装工事を最小限にしながら、耐震補強工事をする様子
耐震診断の無料申し込み

過去の大地震から見る日本の住宅と耐震性能

日本の住宅を建てる基準となる「建築基準法」。1950年に制定されて以降、巨大地震が発生する度に見直しがされてきました。特に耐震性能については、1981年と2000年に大きな改正が行われています。2000年6月以降の住宅を「現行耐震基準」の住宅といい、1995年に発生した阪神・淡路大震災の教訓を経て改正されました。現行耐震基準に適合した住宅は、阪神・淡路大震災と同レベルの地震に備えた住宅ということができます。

リフォームの必要性

2000年5月以前に建てた住宅は「耐震診断」を受けましょう

2016年に発生した熊本地震では、「旧耐震基準」の住宅の46%、「新耐震基準」の住宅の20%が倒壊・大破していたことが分かっています。つまり、1981~2000年に建てられたお家であっても5軒に1軒は倒壊の危険があるということです。

地震で倒壊する家屋

関西に住む私たちにとって、必ず起きると言われている「南海トラフ地震」。いつ起きるかわからない巨大地震に備え、「新耐震基準」以前の住宅に住んでいる場合は、安心・安全のために耐震診断を受け、必要な耐震補強を行うことをおススメします。

耐震診断の無料申し込み